今すぐお金借りたいときに至急お金借りる即日融資テク

このサイトの概要このサイトでは

  • 今すぐお金を借りる方法
  • 即日融資が可能なおすすめカードローン
  • カードローンについての基礎知識

についてお伝えしています。結論としては、即日融資対応のカードローンでお金を借りるならプロミスアコムがオススメです。いずれの業者も融資までのスピード感抜群な上、初回利用の場合30日間無利息お金を借りられます。

 

・・・詳しくは記事をご覧下さい!

 

 

即日融資でお金借りるならアコムかプロミスがおすすめ!

アコム

おなじみ『はじめてのアコム♪』のキャッチフレーズが有名なアコムは、お金を借りるのがはじめてという方がたくさん利用されています。はじめてご利用される場合、30日間の無利息期間があるのでとてもお得にお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの【WEB完結】で申し込めば、お金を借りる手続きが全てネット上で可能です。借入までのスピードを非常に重視しているため、今すぐお金を借りたい多くの方がプロミスをご利用になっています。初めてのご利用なら、30日間無利息(※1)で借りることができます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

今すぐお金を借りるなら安心と信頼の大手で!


アコム、プロミスは
  • アコム ⇒ 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • プロミス ⇒ SMBCグループ

と、どちらも大手金融グループです。急ぎでどうしてもお金が必要なときに、じっくりと検討を重ねている時間さえもないかもしれません。そんなときには、多くの方が利用していて知名度の高い大手が提供しているサービスを利用するのが安心です。

 

【※即日融資OK!】ユーザーおすすめカードローンランキング

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスならたった30分ほどで審査完了!急ぎのときにも即日借り入れが可能です。三井住友銀行グループなので安心!初めての借入なら30日間無利息で利用できます!女性オペレーター対応のプロミスレディースも男女問わず人気です。

↓※女性も男性も利用OKです↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\即日融資で借りるならプロミス!30日間利息0円♪/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
アコムは最短30分という非常にスピード感のある審査に対応しており、即日での融資が可能です。しかも24時間365日申込みが可能!大手消費者金融の中でも貸付残高第1位と多くの方から高い支持を受けています。
\最短60分で借入可能!しかも30日間利息ゼロ円!/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(日曜日は18時)までに契約手続きを完了(※審査・必要書類の確認含む)すれば当日中に振込みで融資を受けることが可能です。ただし、一部金融機関およびメンテナンス時間等は除きます。
\Webからの申し込みなら最短60分でご融資可能!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる可能性があります。
SMBCモビットなら、なんとわずか10秒で簡易審査結果が判明しますので、緊急でお金を借りる必要がある方におすすめです。土日祝でも21時まで申し込み可能。その上、ATM手数料0円!様々な年齢層の方が利用されていますが、中でも特に30代以上の方の人気が高いです。
\30代以上の方がよく利用しています/

 

今すぐ借りれる人気の【厳選】カードローン


今すぐお金借りたいなら

をオススメします!借入までの手続きが非常にスムーズで即日融資でお金を借りることができます。初めてのご利用なら30日間無利息サービスが受けられるので、サクッと借りて無利息期間内に全額返済すれば完全に利息をかけずにお金が借りられます。

カードローンにまつわる基礎知識

目次

利用できる人の条件

カードローンを利用出来る人の条件は二つあります。

 

まず、

 

一つ目は「満20歳以上であること」
二つ目は「毎月安定した収入があること」

 

です。

 

この二つの条件を満たさない場合は、カードローンの審査に通りません。

 

満20歳以上でないと、お金が借りられないのは、日本の法律できちんと決められているからです。

 

毎月安定した収入があることを条件にしているのは、お金が返えす能力がきちんとあるのかを聞かれています。もしも独立していて安定した収入があるけど、年齢が20歳未満ならば、条件を満たさないのでカードローンは利用できないことになります。

 

他の金融機関でお金を借りる場合でもこれと同じことが言えます。

申し込み方法

カードローンの申込み方法は、店頭窓口で申込むという方法以外にも、電話や自動契約機やネットでも申込みができます。

 

カードローン会社によっては、利用したい申し込み方法があったりなかったりします。カードローンを申し込む場合は、借りたい会社のことを調べるなどの準備をしてから、申し込みをしましょう。

審査(流れと内容)

カードローンの審査基準が事前にわかれば、審査が通りやすいカードローンを選ぶことができます。

 

しかし、各カードローン会社によって異なっているので、基準を一般に公開はされることはありません。

 

口コミから情報を得ようと思っていても、その人によって年収・年齢・勤続年数が違うので自分に合った情報を見つけることは難しいといえます。

 

ですが、銀行カードローンや消費者金融カードローンの審査には、審査についてチェックする項目が共通しています。
では、カードローン審査の流れに行ってみましょう。

  • 申し込み
  • 仮審査
  • 申込内容の確認(本人確認)
  • 本審査
  • 在籍確認(職場への電話確認)
  • 審査結果の連絡

カードローン審査は、通常「仮審査」と「本審査」の2段階で行われるのが基本です。

 

仮審査は、コンピュータで行われ、本審査は担当者による最終判断で決まります。

 

本審査では、氏名・生年月日・住所などの基本情報を伝えて、今まで契約内容や支払い状況、遅延や債務整理のようなことをチェックされます。この人は、お金を貸しても大丈夫なのか、きちんと返済してくれるのかを判断しているのです。

 

在籍確認という勤務先にあなたがいるのかを確認する電話があります。

 

勤務している会社にバレてしまわないか心配ですが、プライバシーに細心の注意をしてくれています。

 

在籍確認は、本人がその日に休んでいても在籍していることが分かれば大丈夫なので、出勤している必要はありません。

 

もし、審査で落ちてしまうかもしれないと考えてカードローンまで行けないという方がいたら、「お試し審査」というものがあります。簡単な審査で、本当のカードローン審査に影響しないので、気軽に試すことができます。

 

現在の情報と、ネットの記事は、同じ情報ではない可能性があります。この会社から借りようと思ったのでしたら、まずしっかりと調べてから借りるようにしましょう。

 

電話で在籍確認をしないカードローン >>?

 

金利

カードローンでお金を借りると利息がかかります。この利息というのは、借りたお金と一緒に返すお金のことで、いわばレンタル料金のようなものです。

 

借りた日数が多いほど利息が多くなるのはそういうことがあるからです。実際に借りるお金に対してどのくらい利息がかかってくるのかということは、お金を今から借りようとする方にはとても気になると思います。

 

お金を借りる場合に発生する利息は、以下の計算方法を使って算出が可能です。

 

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

 

返済方法の例

もしもお金を借りたら、必ず返済する必要があります。

 

一口に返済といっても、返済の方法によっては大きく損をすることもあるのを知っていますか?

 

お金を借りれば、当然利息を支払う必要がありますが、その利息を工夫次第では軽減することもできるのです。

 

たとえば、毎月7,000円を返すという計画を立てるとすると、お金に余裕のある月にそれよりも多く返済を続けるようにすれば、利息も少ないうえに、計画よりも早く借金を払い終えることができます。これを「繰り上げ返済」といいます。一番利息がかからないのは、「一括返済」です。臨時収入やボーナスのときに返済ができそうなら、検討してみても良いでしょう。

 

もし、返済金額を低く設定すると、完済が遅くなることになります。完済が遅くなるということは、その分多くの利息を払っていることになってしまいます。返済金額を見直すことを考えてみるといいでしょう。

 

反対に、返済金額を高く設定してしまうと、もし給料が下がったり、怪我で働けないような状態になり返済が行き詰まることもあります。そのようなときは、借りているローン会社に返済計画の変更が可能かを相談をしましょう。

 

他にも、副業をして収入を増やしたり、フリマアプリで不要品を売ってお金を作るというようにするという方法もあります。

 

最後に、返済額を変更が断られた、副業もできないという、打つ手がない状態になっていしまったら、弁護士や司法書士のような法のプロに相談をしましょう。返済できないからといって、連絡から逃げたり、音信不通になってしまうことは避けないといけません。
返済も、計画的に行うようにしましょう。

 

30日間無利息で利用可能なカードローン>>

 

「総量規制」とは?

消費者の借り過ぎで返せないという事態を回避するために、年収等の収入の3分の1を超えるようなお金の貸し付けを禁止することを、総量規制といいます。これによって、お金を借りすぎで返せないということは、かなり少なくなりました。

 

ですが、総量規制に関係なく、多く借り入れができる場合もあります。

 

例を挙げると、住宅や土地、車のような一生に一度の大きな買い物をする場合は、返済能力があると審査で認められると、借り入れができます。

 

借りる金額が大きいので、収入を証明するような書類の提出を求められることがあります。

 

即日融資でお金借りるならアコムかプロミスがおすすめ!

アコム

おなじみ『はじめてのアコム♪』のキャッチフレーズが有名なアコムは、お金を借りるのがはじめてという方がたくさん利用されています。はじめてご利用される場合、30日間の無利息期間があるのでとてもお得にお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの【WEB完結】で申し込めば、お金を借りる手続きが全てネット上で可能です。借入までのスピードを非常に重視しているため、今すぐお金を借りたい多くの方がプロミスをご利用になっています。初めてのご利用なら、30日間無利息(※1)で借りることができます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

消費者金融カードローン初心者のためのQ&A集

ここでは、初めて消費者金融カードローンでお金を借りると言う人が抱きがちな疑問をまとめて解消して貰えるようによくある質問と回答を掲載します。

 

まず借入が可能かどうか知りたい

大手消費者金融各社では、公式サイトにて簡単な項目を入力することにより短時間で借入可能かどうかを判定する簡易審査を実施しています。正式な申込みをするまえに借入可能かどうか知りたいという方は簡易審査を受けてみて下さい。

 

プロミスの簡易審査を受けてみる>>

 

申込みに必要な書類は?

カードローンの申込みは、基本的には運転免許証などの本人確認書類だけで大丈夫です。

 

ただし、希望する借入額が50万円を超える場合などにはさらに収入証明書が必要です。

 

収入証明書は絶対に提出しないといけませんか?

収入証明書は

  • 希望借入額が50万円を超える
  • 希望借入額と他社での借入残高の合計が100万円を超える

のいずれかに該当する場合のみで大丈夫です。

 

年齢制限はありますか?

大手消費者金融カードローンでは20歳以上から申込み可能となっています。上限の年齢は業者により多少異なりますが、65歳〜69歳くらいになっています。

 

担保や保証人は必要ですか?

担保や保証人は必要ありません。

 

在籍確認ってどんな感じ?

申込みの時に記載した勤務先に確かに在籍して勤務しているかを確認するための手続きです。通常は、申込時に記載した勤務先の電話番号として記載した電話番号に、申込者本人を呼び出す電話をかけることによって行います。

 

大手消費者金融では、周囲に借入を知られたくない人でも安心して申し込めるようにプライバシーに配慮して業者名を名乗らずに、担当者個人名を名乗ってかけてきます。

 

手数料や年会費は必要ですか?

申込み当たり年会費や手数料はかかりません。

 

業者によっては、借入や返済のときに、提携ATMなどの利用手数料がかかることもありますが、多くの業者では無料で借入・返済ができる様々な方法を用意していますので手数料の面でも心配はいりません。

 

いくらくらいまで借りられますか?

各消費者金融で設定している利用限度額(500万円、800万円など)を上限として、審査の上決定されます。上限は、いくら多くても貸金業法上の総量規制の関係上、年収の3分の1が借入出来る限度額となります。

 

ただし、実際の所、いきなり総量規制の上限付近まで借りられることはありません。利用者本人の返済能力にもよりますが、初めての借入では10〜50万円の範囲内の限度額が設定されることが多いと思います。

 

期日に遅れずきちんと返済していくなど良好な利用実績を積み上げていくことにより次第に限度額を引き上げてもらうことも可能です。

 

本人の返済能力によって変わりますので、心配な方は一度ご利用予定の消費者金融に電話で聞いてみると良いでしょう。

 

借入の方法は?

各業者により多少異なりますが、

  • 銀行口座への振込
  • 消費者金融ATMからの出金
  • コンビ二ATMやその他金融機関ATMからの出金

により借入が可能です。

 

返済の方法は?

業者により多少異なりますが、

  • インターネット操作によりネットバンキングで返済
  • 消費者金融ATMや提携ATMから入金
  • 銀行口座からの自動引き落とし
  • 業者の指定する銀行口座への振込

などが用意されています。

 

お金を借りる色々な方法

ここでは、様々なお金を借りる方法を紹介しますが、審査が厳しかったり、利用目的が限定されているものが多いです。その点、

  1. 保証人も担保も不要
  2. 最短1時間で借りられる
  3. 大手銀行系の企業なので安心
  4. 様々な人の借入ニーズに比較的柔軟に対応してくれる
  5. 初回利用なら一定期間無利息で借りられる
  6. 申込みがネットで簡単にできる
  7. 借りたお金の利用目的が自由

といった特徴を備えたプロミスアコムなら、今すぐ安心してお金を借りることができるのでオススメです。

 

銀行カードローン

消費者金融だけでなく各銀行でもカードローンを取り扱っています。消費者金融カードローンとの違いを表す特徴として

  • 比較的低金利 
  • 審査が厳しい(一般的に審査通過には年収500万円以上必要と言われる)
  • 審査に時間がかかる(最短でも数日は必要)

といった点が挙げられます。

 

金利が低いことはメリットですが、審査が非常に厳しいので収入面などに不安のある方には向いていませんし、審査時間がかかるので今すぐ借りたい即日融資希望の方にもオススメできません。

 

銀行の目的別ローン

銀行では、カードローンのほかにも目的別ローンを取り扱っています。目的別ローンは、その名のとおり借りたお金の利用目的が制限されている借入で、各銀行により取り扱い商品は様々なですが、たとえば

  • 自動車ローン
  • ブライダルローン
  • 教育ローン
  • トラベルローン

といった目的別ローン商品が用意されています。

 

学生ローン

学生の方なら、学生ローンを利用するという方法もあります。学生ローンというのは、一部の中小消費者金融で実施されている学生向けのローン商品です。

  • 申込みに必要な書類が多い
  • 審査においては借りたお金の利用目的が重視される
  • 20歳未満でも親権者の同意書があれば利用可能
  • 原則として勤務先への在籍確認電話はない

といった特徴があります。

 

大手消費者金融カードローンで借りる場合と同様、アルバイトなどで敵的な収入があることがもちろん必要です。

 

大手消費者金融では申し込み出来ない20歳未満の学生なら利用するメリットはありますが、無利息サービスがないので基本的にはプロミスアコムなどの大手消費者金融カードローンのほうがオススメです。(※初回利用の場合)

 

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードには

  • ショッピング枠
  • キャッシング枠

が設定されています。

 

ショッピング枠は普段買い物の支払いに利用する限度額ですが、キャッシング枠というのはクレジットカードでお金を借りるのに使う枠です。お手持ちのカードにキャッシング枠が設定されていれば、コンビ二ATMなどから出金してお金を借りることができます。

 

キャッシング枠が設定されているかどうかは、カードの種類や申込み時の選択により異なりますので、お手持ちのカードがキャッシングに対応しているかどうか確認してみて下さい。

 

危険!避けるべき危ないお金の借り方

ここでは、どんなにお金に困っても利用してはならない危険なお金の借り方をご紹介します。ただし、利用を推奨するものではありません。あくまで注意喚起の意味としてご紹介していることをご理解の上参考にして下さい。

 

ちなみに、今すぐ安心安全に借りるなら、大手消費者金融のカードローンが一番です。特にプロミスアコム
  • アコム・・・三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • プロミス・・・SMBCグループ

といった具合に、大手銀行系の金融グループに属する企業ですので信頼感があり安心してお金を借りる事ができます。さらに、初回利用なら一定期間無利息サービス付きで借りられるのでお得です。

 

まずは、一度簡単な項目を入力するだけですぐに借入可能かどうかがわかる簡易審査を受けてみて下さい。

 

プロミスの簡易審査を受けてみる>>

 

話を戻しまして、ここでご紹介する危険なお金の借り方は、以下の2つです。

  • ヤミ金融業者
  • 個人間融資掲示板

ヤミ金融業者

消費者金融は貸金業法に基づいて営業しています。その貸金業法では、貸金業を営む者は金融庁に登録をすることが必須とされています。しかしながら、この法律上定められた登録を行うことなく違法に営業をしている業者がいます。それが、ヤミ金融業者です。

 

ヤミ金融業者は、

  • 制限利息を大幅に超えた違法な利息を請求
  • 違法で悪質な取り立て

が特徴です。

 

映画やマンガなどのメディアでもたびたび描かれることがあるので、ヤミ金融業者の実態というのはイメージしていただきやすいかと思いますが、ヤミ金業者からお金を借りてしまうと転落人生が待ち受けています。

 

絶対に近寄らないようにしましょう。

 

個人間融資掲示板

お金を借りる時には、通常銀行や消費者金融などの機関や団体から借りることが多いと思います。それに対して、機関や団体でなく個人が個人にお金を貸すことを『個人間融資』と呼びます。

 

この個人間融資の取引の場として利用されているのが、『個人間融資掲示板』と呼ばれるネット上の電子掲示板です。

 

個人間融資掲示板では、お金を借りたい人が希望額を書き込みます。すると、お金を貸したい人が貸付が可能かどうかや条件などについて返信を行います。

 

そして、お金を借りたい人・お金を貸したい人双方の条件が合致すれば、晴れてお金の貸し借りが行われることとなります。しかしながら、個人間融資掲示板を通じてまともにお金が借りられることはめずらしいことです。

 

ほとんどの場合借りられないことが多いですし、個人を装ったヤミ金融業者や金銭をだまし取ることを目的として詐欺業者が横行しているのが実態です。

 

ブラック状態の人などは、なかなか審査に通過できないからと個人間融資に頼りたくなる人もいると思いますが、個人間融資掲示板にも大きな危険が潜んでいることを十分にご理解いただき近寄らないほうがいいでしょう。

 

即日融資でお金借りるならアコムかプロミスがおすすめ!

アコム

おなじみ『はじめてのアコム♪』のキャッチフレーズが有名なアコムは、お金を借りるのがはじめてという方がたくさん利用されています。はじめてご利用される場合、30日間の無利息期間があるのでとてもお得にお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの【WEB完結】で申し込めば、お金を借りる手続きが全てネット上で可能です。借入までのスピードを非常に重視しているため、今すぐお金を借りたい多くの方がプロミスをご利用になっています。初めてのご利用なら、30日間無利息(※1)で借りることができます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。